本文へスキップ

テープライター養成講座、OLの副業や主婦の在宅ワークとしても注目

テープライターとは/テープライター

テープライター通信講座

テープライター養成講座

テープライターとは

テープライターとは、講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業である。またはその作業を有償で請け負う職業をも指す。

音声記録による言語情報は、複製と頒布、再生にそれなりの条件が必要で煩雑であることから、これを人力によって文字情報に変換することで取り扱い・読解を容易とする作業である。

文章は紙に筆記するか、タイピングでコンピュータへ入力する(かつてはタイプライターで印字する形態もあった)。テープ起こしと同じ意味でテープリライトという言葉もあり混用されているが、こちらはテープリライト社の商標であるため、商標を避ける場合には「テープ起こし」を用いる。なお、テープ起こしを職業とする人は「テープライター」・「反訳者」「起稿師」などと呼ばれる。





がくぶん テープライター養成講座


プロの少ない今が狙い目の在宅ワーク技能。仕事は自宅でできるので、OLの副業として、またミセスの在宅ワークとして人気は急上昇中です。
ここがポイント!
テープライターは、自分のペースででき、内容も興味深いものが多いので、楽しくできる仕事だと思います。
収入の目安
60分テープ1本で約1〜2万円