本文へスキップ

テープライター養成講座、OLの副業や主婦の在宅ワークとしても注目

テープライターの仕事/テープライター

テープライター通信講座

テープライター養成講座

テープライターの仕事

依頼人から受け取った録音物(テープ、MD、ICレコーダーなど)を聞きながら文章に書き起こす。収録の段階から現場に同行する場合もある。作業には再生・巻き戻し・早送りが足踏みスイッチで行える専用の再生機器やパソコンソフトが使用される(筆記やタイピングをしなければならないので手で操作するのは非効率的)。

高速大容量通信時代を迎え、依頼人が録音物を宅配便で送るという従来の方法から、ICレコーダーで録音しパソコンに接続、取り込んだ音声ファイルをインターネット上で受け渡しする方法に変わりつつある。

文体は依頼人によりさまざまだが、漢字にするか仮名で書くかなどの言語運用は依頼人が指定する用字用語集の通りにすることがほとんどである。作業は大きくわけて

1.素起こし。「あっ」「えー」などの間投詞や「正直言って」「ちょっと」などのくせ言葉といった清書の段階で削るべき言葉も残らず文字にする
2.ケバ取り。1.にある、読む妨げとなるだけの言葉を削る
3.整文。書き言葉として読みやすくする
の3段階である。

かつて内職商法の勧誘職種にされたこともあり「言葉が話せれば誰でもできそうな仕事」と思われがちだが、実際は速記士と同様に相当な国語力を必要とし、安易な職業ではない。





がくぶん テープライター養成講座


プロの少ない今が狙い目の在宅ワーク技能。仕事は自宅でできるので、OLの副業として、またミセスの在宅ワークとして人気は急上昇中です。
ここがポイント!
テープライターは、自分のペースででき、内容も興味深いものが多いので、楽しくできる仕事だと思います。
収入の目安
60分テープ1本で約1〜2万円