本文へスキップ

テープライター養成講座、OLの副業や主婦の在宅ワークとしても注目

脚本家教室 通信教育部/テープライター

テープライター通信講座

テープライター養成講座

脚本家教室 通信教育部

「脚本家教室・通信教育部」は、遠方で教室に直接通えない、教室に通う時間がとれないといった方のために設けられたコースで、独学でもスムーズに学習できるよう、テキストや副読本を用意しています。

これらの教材は、日本脚本家連盟員である現役脚本家が本科で学ぶ内容に即して作成したもの。テレビドラマほか多彩なジャンルの脚本が基礎から学べるよう構成されています。自宅学習の成果をもとに講師が直接指導にあたる「スクーリング」も年1回開催しています(自由参加)。


プロ執筆のテキストを熟読することで、脚本の基礎がしっかりと学べます。添削券を原稿に貼って送っていただき、先生による添削後、アドバイスとともにお手元に戻ってきます。添削指導の対象は原則、ドラマに限ります。

添削期間は入会から一年半。添削券は一枚三千円で購入して、何回でも添削を受けることが出来ます。添削とは別に、先生に質問をすることもできます。

テキストは平易に編集してありますので、初めて脚本を書く方でも心配はいりません。会期が終わる頃には脚本の基礎のおおよそがお分かりになるでしょう。

修了後は引き続き添削指導が受けられる育成会(更新可)に入室が出来ます。また審査を受けて通学部の上級クラス・研修科に入ることもできます。


日本脚本家連盟員である現役脚本家が本科で学ぶ内容に即して作成したテキストがあります。通学部で使用しているものと同じです。


スクール名 日本脚本家連盟ライターズスクール 
標準受講期間 1年間(添削期間は1年半)
※会期終了後は「育成会」へと進めます。
【入会は随時受付中】
添削有無・回数 あり  /  2回〜(上限なし)
※添削とは別に質問も可
受講料 【入学金】 10,000円    【受講料】 40,000円    【その他】 0円
送付物 テキスト(全2巻)、新人賞作品集、テレビドラマ代表作選集最新版、添削券2枚、原稿用紙(200字、400字)、通信教育ニュース(全8号)






がくぶん テープライター養成講座


プロの少ない今が狙い目の在宅ワーク技能。仕事は自宅でできるので、OLの副業として、またミセスの在宅ワークとして人気は急上昇中です。
ここがポイント!
テープライターは、自分のペースででき、内容も興味深いものが多いので、楽しくできる仕事だと思います。
収入の目安
60分テープ1本で約1〜2万円